まだまだ課題が残るマイナンバー法ですが、メリットもとても多いのです。

問題点も多いマイナンバーのメリットとデメリット

MENU

マイナンバー法の概要と特徴

 

2015年の11月から日本に住む全ての人に対して12桁の個別番号が割り当てられ、2016年1月から本格的に運用が始まったマイナンバーですが、この制度について正しく認識している人はまだまだ少数派と言えます。

 

何かと話題に上る事の多いマイナンバー制度ですが、まだ施行されたばかりなので多くの人が制度や法律そのものに対して大きな不安を感じているというのが現状です。

 

何故ならマイナンバー法は日本国内に在住する人全てに12桁の個別番号が割り当てて、その番号で国民ひとりひとりの個人情報を管理するという内容なので多くの人が「プライバシーを侵害されるのではないか」という不安や「個人情報が流出するのではないか」という不安を抱えているからです。

 

そして既にマイナンバーに関する流出事件が何件か発生しており、国民の不安はさらに高まりを見せています。
とはいえ、マイナンバー制度は使い方を間違えなければ非常に便利な制度であり、さまざまな手続きを簡素化できるので税金の無駄遣いを抑制できるといったメリットもあります。

 

たとえばマイナンバーによってその人の「社会保障関連の番号」や「納税番号」、「住民番号」などが管理できるので、それらに関する手続きを簡素化して手続きに要する費用も抑える事が出来るようになります。

 

 

マイナンバー制度への懸念や問題点

 

マイナンバー法は日本に住む人全員に12桁の個別番号を割り当てて国民ひとりひとりの個人情報をまとめて管理する為の制度であり、利用の仕方によっては手続きの簡素化や税金支出の抑制などに繋がる画期的な制度と言えます。

 

しかし、その一方でマイナンバーには年金情報や健康保険のような医療に関する情報なども含まれている為、万が一個人情報が流出した場合に個人のプライバシーが侵害されるというリスクを潜んでいます。

 

また、マイナンバーは一度割り当てられると生涯に渡って変更される事はない為、一度個人情報が流出してしまうと芋づる式に情報が流出したり、一生涯に渡って個人情報が悪用されるリスクに苛まれる恐れもあります。

 

そのため、施行された場合のマイナンバー制度に対して不信感や懸念を持つ人は未だに多く、一般的な制度となるにはまだまだ時間が必要です。