法律が成立するまでの道筋と法案ができるまでの流れについて。

法律が制定されるまでの道のりをご紹介します。

MENU

法律が出来るまでの過程

 

私たちが住むこの日本国は世界的に見ても非常に治安の良い「法治国家」として知られていますが、私たちが犯罪から身を守ることが出来ているのは国によって定められた「法律」のお陰と言えます。

 

法律は原則として衆議院と参議院の両院で可決された時にのみ成立しますが、ひとつの法律が成立するまでには多くの時間と労力を要することになります。

 

法律が出来るまでの過程を簡単に説明すると、まず最初に内閣の各省庁で立案され閣議で決定された法案が「内閣総理大臣」の名で提出されます。

 

このとき与党の了承を得る必要がある為、与党の中に反対する党があればその法案について再度、審議をし直します。
内閣から提出された法案は参議院もしくは衆議院の議長に提出され、議長が所管の委員会に付託してから委員会による「審査」が行われます。

 

委員会では趣旨説明や質疑、討論から採決といった流れで審査が行われます。
次に本会議に移り、委員長報告から討論、採決といった流れで審議が行われる事になります。

 

その後、両議院の議決が異なった場合は両院協議会を開いて再び審議を重ねますが、両院で成案を得て両議院で可決が成された場合は提出された法案が「成立」します。

 

 

法案が作成されるまでの流れ

 

日本国では国会議員という立場があれば誰でも法律の案、所謂「法案」を国会に対して提出する事が出来ます。

 

基本的に法案を作成して国会に提出できるのは国会議員と内閣だけですが、内閣から提出される法案については主に「官僚」によって作成されているのが現状です。

 

日本では国会議員が提出する法案に比べ、より実務に近い存在である官僚が作成する法案が重要視される傾向がある為、国会で審議される法案の多くは内閣から提出された法案である場合がほとんどです。

 

法案が作成される流れとしてはまず最初に官僚たちが法案の原案を作成し、次に各省庁の幹部による会議、所謂「省議」によって決定されます。

 

その後、各省庁の事務次官等会議を経てから閣議で審議が行われ、そこで法案として提出するかどうかが決まれば晴れて内閣総理大臣の名で法案が提出される事になるのです。