介護保険制度は、平成12年に成立したまだまだ新しい制度です。

介護保険サービスを受けるための条件とその詳細

MENU

介護保険の制度について

 

私たちは人間である以上、必ず年老いていく運命にあります。
そして老いと共に訪れるのが「身体能力の低下」であり、それに伴う形で加齢と共に介護を必要とする身体に変化していくことになります。

 

一昔前までは親の介護を子が行うのが当たり前の時代もありましたが、現在ではお金を支払えば容易に介護サービスを受ける事が出来る時代になりつつあります。

 

とはいえ多くのコストを要する介護サービスを受ける為には多額のお金が必要である為、少子高齢化が進む現代の日本では経済的な余裕がある人でなければ介護サービスを受ける事が難しかったのです。

 

この状況を打破する為に制定されたのが「介護保険」の制度であり、40歳以上の人は必ずこの介護保険に加入する必要があります。

 

介護保険制度は平成12年にスタートしたばかりの比較的新しい制度ですが、40歳以上64歳未満の人が「特定疾病」によって要介護の状態になった場合は介護保険のサービスを利用できるようになります。

 

また、65歳以上の人で「寝たきり」や「認知症」といった要介護の状態となっている人も介護保険のサービスを利用する事が出来ます。

 

 

40歳~64歳に適用される特定疾病

 

現在、65歳以上の人で要介護状態になっていたり日常生活における支援が必要な状態の人は介護保険サービスを受ける事が出来ます。

 

また、40歳以上64歳未満の人でも「16種類の特定疾病」による要介護状態に陥った場合は「要介護認定」を受けて介護保険サービスを利用する事が可能となっています。

 

ちなみに特定疾病については代表的なものとして「筋萎縮性側索硬化症」や「脳血管疾患」、「後縦靭帯骨化症」、「進行性核上性マヒ・大脳皮質基底核変性症およびパーキンソン病」、「骨折を伴う骨粗しょう症」、「閉塞性動脈硬化症」などが挙げられます。

 

このほかにもおよそ10種類の特定疾病が認められており、これらの疾病に該当する場合は要介護認定を受けて介護保険サービスを利用する事が出来るようになります。