放送関係者、テレビ関係者は必見の放送法改正

庶民の娯楽と情報を左右する放送法改正

MENU

放送法

 

放送法の改正も身近な法律問題として私たちの生活と切り離せない問題のひとつです。

 

放送法とは簡単にいえば、NHKや民法のテレビ放送、またラジオ放送などのあり方を定めた法律です。

 

私たちにとって放送とは重要度が低くなってきたとはいえ、まだまだ大きな存在です。

 

娯楽や情報、ニュースなどのコンテンツを画一的に広範囲に送ることのできるテレビ放送やラジオ放送のあり方は、公共の福祉に適合して、公平でなければなりません。

 

また2000年代に入り、地上波デジタル放送の開始やワンセグ放送の開始などにあわせて、放送法を改正する動きもありました。

 

このように放送法とは、放送の適切で公平なあり方や時代のニーズに合わせた移り変わり方を体現してきているといっていいでしょう。

 

 

放送というのは常に強い影響力を持っており、ねつ造や誤報などで人々に大きな影響を及ぼします。

 

古くは1993年の椿事件など特定の政党に有利に働くようテレビ局が働きかけたり、比較的最近の事件としてはNHKにおける「JAPANデビュー」問題など公平性を欠く報道やねつ造、または虚偽による番組が制作されているおそれがありました。

 

そういったねつ造や誤報を放送業者が制作することを監視するよう改正する動きもありました。

 

しかしこれは表現の自由と公共の福祉の間で難しい線引きもあることも押さえておきたいポイントです。

 

 

2010年には、放送法の定義を改めそれまで概ね4つの関連法としてあった有線ラジオ放送法や有線テレビジョン放送法、電気通信役務利用放送法などが放送法に統合され、よりわかりやすくなりました。

 

2014年にはNHKがインターネットの融合の規制を緩和する改正が行われています。

 

これによりNHKオンデマンドといったものやハイブリッドキャストがより私たちの生活に身近になるかもしれません。

 

また地方の放送局の経営やコンテンツ不足を補うために、隣接した地域の放送局が統合して、それらの地域の放送を担えるようにできるという改正も行いました。

 

これは地方在住者にとっては、ある意味で面白い試みといえると思います。

 

 

よりきめ細かい放送局の配置は良いことであるけれど、画一的な放送にとってみれば細分化されるよりもある程度の規模でコンテンツや情報を配信するのは悪くないと思います。